「妊婦が登場」19年1月の臨月まで限定千葉ちゃん娘

  新着情報 , WEB担当中山

こんばんわ
WEB担当の中山です。

私は、風俗業界未経験で「東千葉ちゃんこ」が風俗業界初めてのデリヘルとなります。

初めてのデリヘルが「ぽちゃ・ぽっちゃり・おデブが多数在籍した巨乳デブ専風俗」です。

そんな私ですが、今日もビックリ

妊婦入店「りの」

妊娠26週目の妊婦である「りの」が業界未経験で入店しました。

実のところ、私も結婚しており嫁のお腹に妊娠30週目の子供が宿っております。

私の嫁が30週目を迎えましたので少し先輩となります。

「りの」のお腹に26週目の子供が宿っていると言う事でしたので、デリヘルと言う風俗のお仕事に関して反対しました。

26週目の妊婦が風俗業界未経験で入店する必要性

具体的なお話はわかりません。

少し突こんで話を聞こうとした時に表情が変わり目がウルウルしたのが印象的です。

その瞬間、彼女は、覚悟をして腹を決めた状態で「東千葉駅前ちゃんこ」に来たんだろうと理解しました。

理由が無いければ妊婦が風俗で働く事はないでしょう?

「りの」の面接が終わり、営業が終わった後も「りの」の事が頭から離れません。

夜も遅いし寝ればよいのに頭から離れない。

Googleで妊婦デリヘルに関して検索してみると、「りの」の心境が書かれているのかな?ってな記事を見つけました。

「りの」に少しでも興味を持って頂けるのであれば、小野さんと言う方が書いた記事:「妊婦風俗嬢」が私に明かした本音と涙の理由を参考に読んで見て下さい。

妊婦デリヘル

「東千葉駅前ちゃんこ」では、できる限り応援しようと「りの」を採用しました。

しかし、不安は拭えてません。

自分で考えるより先駆者に聞こうと考え、Googleで「妊婦 デリヘル」と検索しました。

一番上に表示されたサイト「さいたま市発の妊婦専門デリヘルうぶ妻」を見て直ぐに連絡を入れました。

男性の方が電話に出られて私は「同業者なんですけど教えてください」と言うと「今、運転中だから折り返す」との事で電話が切れる。

無理は禁物

直ぐに折り返し電話が来て「何が知りたいの」と言うので単刀直入に相談させて頂きました。

結果、安定期に入ってから臨月を迎えるまでの間は、無理しなきゃ、仕事をしても平気だよとの事。

但し、無理をしないってのは条件だよ。

例えば基本プレイにある、「指入れ」は絶対ダメ。

お客様に案内して承諾を頂けるのあれば問題ないよとの事。

それと臨月に入ってからがお客さんに人気があるんけど、危険だから臨月入ったら仕事しちゃ駄目だよとの事でした。

こんな事でよければ、いつでも教えてあげるから電話して来なって「さいたま市発の妊婦専門デリヘルうぶ妻 K様」言ってくれました。

最後に

お子様がいる旦那様。

奥様が妊婦の時にエッチしましたでしょうか?

妊婦の体に正常な女性との違いを感じた事はありますか?

僕の嫁は、現在妊娠30週目

「りの」の写真撮影を担当させて頂いたのですが、嫁以外の妊娠中の女性を「東千葉駅前ちゃんこ」で見るとは考えていませんでした。

「りの」は腕と肩辺りにタトゥーが入っているので、普段ならタトゥーをいれた女の子を見ると、「女の子は可愛くいて欲しいからタトゥーなんて彫らないでぇー」と思ってしまうのですが、「りの」は妊婦だけに神秘的な世界にいるせいか、「りの」の「タトゥー」は、全く気になりません。何も言わずに包み込みたいぐらいでした。

そんな雰囲気は、文章では伝わらないと思いますので「りの」にご興味を頂戴できるのであれば、是非、遊んで下さい。

千葉ちゃん娘「りの」プロフィール